教育相談って何ですか?

 

文部科学省の定義では、「一人一人の生徒の自己実現を目指し、本人又はその保護者などに、その望ましい在り方を助言すること」が教育相談の主な目的です。

 

学校内の主な相談相手は、教員、スクールカウンセラー、養護教諭などです。

 

生徒と同じ場所に相談員がいる状況や「生徒指導」との違いが課題とされ、定義の中では学校外の専門家・専門機関との連携も重視されています。

 

詳しくは、文部科学省ホームページ「学校における教育相談の充実について」をご覧ください。